ゆるやか文庫とは

2018年 ゆるやか文庫は、内子町の町並みにあった友人のお店の一角、押し入れから始まったちいさな私設図書室でした。

本といえば、
平安時代の宮廷には図書寮(現代の国立図書館のようなもの)に付属して「紙屋院」と呼ばれる製紙工場があったそうです。そこでは、宮廷で使われる様々な紙が漉かれていたと。
紙工場のすぐとなりに図書館。なんと素敵な関係!
紙屋さんと本をつくる人、保管・管理する人が、あれこれ意見しながら一緒になって紙をつくっていたのではなかろうか…というのは想像だけど、とても、それいいなぁと。

かつての「図書寮」と「紙屋院」の関係のように、つくり手・繋ぎ手・使い手が一緒になって話せるような場を。
この先も手漉き和紙が、原料となる木々が、この地に遺ってほしい。
いつか、産地の垣根を越えて、和紙の話をできる日が来ることを願って図書室という”場”を開きました。

押入れ間借り時代

2020年
内子町五十崎のシェアアトリエなるたへ移転

 

2021年、
内子町御祓(みそぎ)地区に拠点を移します。
2014年に廃校となった元小学校の図工室を利用し、和紙・手漉き紙専門の印刷所を始めました。
和紙の作り手(職人さん)と直接話しながら
和紙の使い手としてものづくり(印刷)ができる環境がこの地にはありました。

ここにたどり着くのに10年近くかかってしまいましたが、これからもゆっくりと、それでも確実に、印刷を通して和紙の魅力、和紙でできることを伝え続けていけたらと思います。

ゆるやか文庫 主宰 青山優歩

2021年
旧御祓小学校(現 みそぎの里)へ移転

主宰 青山について、以下みそぎの里HP「利用者紹介」にて2021年6月(図書室移転前)にインタビューいただきました。
みそぎの里HP>

現在の働き方に至るまで(対談形式)
https://sotococo.wixsite.com/official/post/interview202204_1